日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー

<   2006年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

『 2006年12月31日 』




     2006年も今日で終わりです・・・。

     2007年に向けて・・・

     笑顔で過ごしましょう!!

     そして・・・皆様方に・・・

     素敵な 2007年 が訪れますように・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-31 09:38

『 ステップ 』


新しい年を迎えるにあたり、
皆様それぞれに忙しい時間を過ごしていらっしゃることと思います。

今年も様々な出来事がありましたが、
皆様はどのような一年でありましたでしょうか?
 
  「あんなこともあった」
  「こうすればよかった」  等々・・・

悲喜交々(ひきこもごも)様々な・・・
思いが交差する今年一年も間もなく過ぎようとしています。
そして「あれもしよう」「これもしよう」とこもごも用意して、
新しい年を迎えたいものです。

時間に切れ目はありません。
しかし・・・
私達には “新しい年を迎える” という便利な習慣があります。
私もこの節目に一年を振り返り、
今まで以上に色々な角度から情報を集め、
御訪問の皆様のお役に立てるよう努力して行きたいと思ってます。
そして・・・
「次ぎのステップ」の為に気持ちを入れ替え、
これまで継続してきたことも大切にしていきたいと思います。
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-30 06:36

『 根回し 』



今年・・・
王子製紙が北越製紙に敵対的TOBをしかけ、
失敗に終わったのは2006年重大ニュースの一つでした。
その後、王子製紙会長が会長を務める日本製紙連合会に、
北越製紙と大王製紙は、
「欠席&データ提出の拒否」を続けているらしい・・・。
一度敵を作ると、あとがややこしくなります(笑)
だから日本人は・・・
「根回し」をしながらコトを進めていくのを、
常としていたんだなぁ~~なんて・・・あらためて思います(笑)

日本人が常としている「根回し」という手法、
江戸時代からすでに浸透していたらしいです。
「根回し」という言葉として浸透したのは、
昭和40年代らしいですが・・・。

新しい価値観から受ける衝撃は
今の日本には絶対に必要!!
日本人社会で自然と出来上がった古い文化も絶対に大切!!
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-29 18:34

『 トッピング 』



岡山県備前市は「カキ」の養殖が盛んな土地柄で、
ソフトクリームの上にカキフライが2個トッピングされている、
『 カキソフト 』なるものが人気を集めているらしいです。

意外な取り合わせが美味しかったりすることはありますが、
でも・・・自分は・・・好きではない・・・(笑)
養殖の本場で本当に美味しいカキですから、
それはカキだけで食べたいし、ソフトクリームだってそうです。
たとえ美味しいカキと、美味しいソフトクリームだったとしても・・・
いやそれならばなおのこと!! 別々に食べたいです(笑)

 まあ~ 観光の話題作りには良いのかも知れませんね!!
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-28 07:30

『 年の瀬 』


「もういくつ寝るとお正月・・・」と童謡にあるように・・・
今年もあと幾日と指折り数えるほど暮れが押し詰まって来ました。
そのことを「数え日」と言いますが、
去る年を惜しむ思いと来る年への期待が交差して来ます。

ところで年の瀬の「瀬」は・・・
川の浅く流れが急なところを指すようです。
一年のうちでもこの時期は急き立てられるように時間が経過します。
昔の人は急流を船で越すように、
年の暮れを乗り越えるという感覚だったようです。

宝井其角と赤穂浪士の大高源吾が交わした次のような歌があります。

  『 年の瀬や 川の流れと 人の身は あした待たるる その宝船 』

年の瀬を越したその船は・・・
       きっと宝船に相違ありません(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-27 10:50

『 略語 』


    「めりくり」

    「くりぷれ」
  
    「あけおめ」
  
    「たんぷれ」
 

若い人にはすぐわかる言葉でしょうが・・・
おじさんの私は・・・???の時があります(笑)

    めりくり : メリー・クリスマス

    くりぷれ : クリスマス・プレゼント
   
    あけおめ : 明けましておめでとう
    
    たんぷれ : 誕生日プレゼント


こういう安直な略語は好きではないのですが、
子供がいると・・・
知らず知らずのうちについ使ってしまっている自分に気づきます(笑)

    う~~~ん・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-26 11:27

『 サンタクロース 』


クリスマスは・・・
サンタにとって1年で一番忙しい日となりますが、
さすがに長老のサンタ一人ではまわりきれない為(笑)
その手助けをする “公認のサンタクロース” が、
世界中に180人位いるそうです。
それでもまわりきれない為・・・
「お父さんサンタ・お母さんサンタ」に協力しているというわけで・・・(笑)

公認の認定を受けるには、
体重120キロ以上(衣装や装備含む)、
毎年7月に開かれるデンマークでのサンタクロース会議に出席すること、
自宅からデンマークの会議場まで、
サンタクロースの格好でとおすこと(途中で脱いではいけない)、
他国のサンタクロースとコミニュケーションができること、
子供がいること、煙突登り等の試験にパスする必要があるそうです(笑)

サンタクロースのモデルは、
小アジアの古代都市の司教を務め、
貧しい人々への慈善事業を始めた人物として知られた、
セント・ニコラウスとされていますが、
赤と白の衣装を着た白ひげのサンタクロースは、
1930年代のコカ・コーラの広告宣伝に登場したのが始まりで、
あの配色は “コカ・コーラカラー” そのものだそうです。


    『 皆様方に・・・
           良いクリスマスが訪れますように・・・ 』
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-23 10:25

『 無病息災 』


今日は、二十四節気のひとつ「冬至」
一年中で昼が一番短く、夜が一番長くなる日です。

日本では、冬至に「ゆず湯」へ浸かる風習があります。
「ゆず湯」には、風邪を防いで皮膚をすべすべにする効果がありますが、
なぜ冬至にわざわざ「ゆず湯」なのでしょうか???(笑)
不思議に思いますが・・・
これは湯治(とうじ=お湯に浸かり病を治す)にかけているためだそうで、
柚子(ゆず)は融通(ゆうずう)が利くようにとの願いが込められているようです。

「物事が好転する」という意味で、
「一陽来復(いちようらいふく)」という縁起の良い言葉がありますが、
冬を境に昼の長さが増して行くことから、
「冬至」そのものを指す場合があります。
辛いことや悪いことが終わり幸運がやって来る。
すなわち・・・冬が去って春が訪れることを告げる日とされています。

この日は冬至かぼちゃを食べて金運を祈り、
冬至風呂(柚子湯)に入って、
無病息災を祈る行事を各家庭で行っては如何でしょうか?
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-22 13:16

『 感服 』


公共事業の入札が厳しく監視されるようになって、
談合のない一般競争入札では落札価格が予定価格を大幅に下回り、
業者間の厳しい競争となって、
70%を切る落札率も数多く出ており・・・そんな中・・・
防衛施設庁でも騒音対策工事の一般競争入札の平均落札率が77%と、
大幅に予定価格を下回った。
やはり一般競争入札の成果なのだろうか・・・というのは真っ赤な嘘!!(笑)

新聞の報道によりますと、
同業務では従来と同じ業務の予定価格が、
18%高く設定されていたらしいです(笑)

      『 100 × 1,18 × 0,77 ≒ 0,91 』

何のことはない・・・
91%の落札率だったということです(笑)
 (それでも従来よりは低い?)
つまりは “見せ掛け” だけの低落札率だったということに???(笑)
それにしても・・・
「官製談合」 「贈収賄」「一般競争入札逃れの指名競争入札や随意契約」
 「それらを利用した天下り」そして今回の「偽装落札率」
次から次へと “ありとあらゆること” を考えますね(笑)

こうしたことを考えるのは当然トップの人達だ!!
さすがは!! キャリア官僚!!
その頭の良さには感服せざるを得ない!!

 【追伸】
   その頭・・・仕事に使ってみては???(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-21 10:04

『 天国 』


米アニメ作家ジョゼフ・バーベラ氏が・・・
米ロサンゼルス近郊の自宅で死去したというニュースが報じられていました。

日本でもなじみの深い『トムとジェリー』の作者のひとりです。

猫のトムとネズミのジェリーの表情の多彩さ、
ギャグの面白さ、動きの繊細さ等・・・
特に動物が主人公としたアニメの中では、
今でも秀逸なものだと思います。

5年前に亡くなった共同製作者であるウィリアム・ハンナ氏と、
アカデミー賞を7回受賞されました天国で、
お二人とも今頃・・・
新たな「トムとジェリー」シリーズを考えておられるかもしれません。

95歳・・・ご冥福をお祈りします。
[PR]
by qwert.6 | 2006-12-20 08:10