日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー

<   2006年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧



川で生まれ、海で育ち、秋になると・・・
生まれた川をさかのぼって産卵する「鮭」

これからが鮭の旬ですが、
生まれてから4年前後に川をのぼり、いったん海から川に入ると、
身がやせて味が落ちてしまうようですので、
海から川にあがる直前にとられた、
体が銀色に輝いている「銀毛(ぎんけ)」と呼ばれるもの、
特にそのオスが最も味が良いとされており、
水揚される鮭の中でも5%しかとれないそうです。
また、最も極上とされる「鮭児」(ケイジ)と呼ばれる未成熟の鮭は、
1~2万本に1尾の割合でしか水揚げされず、
魚体全体に脂が乗っており、
全身トロ状態で高級寿司ネタなどに使われているそうです。

昔からの鮭を贈る習慣は、

   『 疎遠になったあなたが、
         鮭のようにまた私のところに戻ってきて欲しい 』

との気持ちが込められているそうです。
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-31 09:14

『 ホールインワン 』


先日、日本のプロゴルファーが、
1ラウンドで「2回のホールインワン」という離れ技をやってのけてました。
アメリカのゴルフ業界の団体のデータでは、
ホールインワンの確率は3万3千分の1となっており・・・
1日に2回達成するなどという、
ニュースを耳にすることは・・・
この先二度とないかもしれません(笑)

ちなみに・・・
ホールインワンした場合、
達成した本人が祝賀パーティを催す慣わしとなっています(笑)
一般的な相場は同伴キャディへのご祝儀が3万円程度、
同伴競技者への記念品が約2千円×人数分、
パーティ費用、ゴルフ場に対する記念植樹費用等、
もろもろの費用がかかります。
万が一ホールインワンをやってしまった場合・・・
ゴルファー保険(対象はアマチュアのみ)では、
9千円程度の掛け金で約40万円分の費用が賄えます。

ホールインワンは「おめでとうございます」と言われる・・・
大変稀な保険事故ですが(笑)
キャディさんやゴルフ場の使用人の目撃証明がないセルフで回った場合、
保険金が支払われないケースがありますので、
ご注意くださいませ・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-30 15:20

『 主役交代 』


海外旅行ブームが続く中国からの旅行客が、
欧州の有名ブランド・ショップなどを席巻し・・・
「1970年代の中東勢」 「1980年代の日本人」に続き、
中国人が買い物の主役になってるそうです。

今や・・・中国では日本からの高級品が飛ぶように売れ、
日本では中国から来る安い衣料や食品が売れる・・・。
という妙な現象も起きているようですが、
タップリお金を持った中国からの日本への旅行者が激増し、
秋葉原などで “大枚” をはたいて、
バンバン買っているのは・・・ほとんど中国人だそうです・・・。

「 あぁ~ うらやましい~~ 」(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-29 13:40

『 なぞる 』


脳の活性化にも繋がり、
暇もつぶせて濡れ落ち葉になるのを防げ事で・・・
見本を見ながら地道にえんぴつを動かして、
名画や古文が完成していくという本がブームだそうです。

面白いのが「マンダラ」というぬりえで、
これは円のなかの模様を細かく色づけしていくと、
世界に一つの自分だけの文様ができるというもので、
同じ作業を繰り返しやるのと、
豊かな色彩を見ることで癒し効果があようです。
そしてマンダラには日本でいう掛け軸のような静謐さと、
雄大な宇宙を思わせる完全な円が、
心を落ち着かせる効果もあるというから凄いです。
他にも「えんぴつで奥の細道」はベストセラーになりましたけど、
芭蕉の旅をえんぴつで辿る時間が心を穏やかにしてくれるのだとか・・・。

ぬりえなら色彩感覚がついて、
えんぴつなら字も上達する!!
これらは遊びとはいえ(笑)内面まで磨くんだから深いです!!
地道な作業と内観好きな・・・
日本人にしかわからない感覚なのかも知れませんね(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-28 08:56

『 エース 』


覚えている方がいると思いますけど・・・
ウルトラシリーズに「ウルトラマンA」というのがありました。
「彼」の変身は放映前半 ちょっと変わっていまして、
女性と男性のタッグを組み、
二人が一緒に変身して「ウルトラマンA」という事になっていました。
放映半ばで その女性役「南」が実は “月星人” である事が判明し、
彼女は他の月星人の住む『 冥王星 』に帰る事になりました。
その後、北斗(男性の名)一人で「エース」へと変身するのですが、
月星人はどうなっちゃうんだろう???と・・・
センチな気分がよぎった・・・今日この頃です(笑)

  【追伸】
    惑星の定義と言いましても・・・
    人間が勝手?に決めているだけで(笑)
    “格下” げされようが・・・
    『 冥王星 』は今までと何も変わらず輝いている・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-26 13:56

『 やぶへび 』


IAU(国際天文学連合)の総会で、
「惑星とは何か?」という定義について話し合いが持たれていましたが、
2500人の天文学者達の投票の結果として、
「Pluto(冥王星)」は惑星という地位を失いました・・・。

これから知識を得ていく子供達には、
違和感ないかも知れないけど・・・
何十年も「1+1=2」のように、
頭に植え付けられていた知識を新たに塗り替えるのって・・・
何だかとっても抵抗あります(笑)
しばらくは・・・

    『 水、金、地、火、木、土、天、海・・・(迷) 』

になりそうです(笑)

 
  【追伸】
    70年間惑星の地位を保ち続けた冥王星も・・・
    「小さすぎる!」ということで「矮惑星」に降格・・・。
    冥王星にとっては・・・とんだやぶへび・・・でしたよね(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-25 10:28

『 梨 』


風邪などで喉が痛む時や痰がからむ時などに・・・
「梨」を食べて楽になったという経験をお持ちの方も多いかと思いますが、
古来から「百果の宗」と呼ばれる梨は、
「大小便を利し、熱を去り、渇を止め、痰を開き、酒毒を解す」といわれ、
漢方薬などにも広く利用されてきた果実です。

また、梨は有機酸やビタミン、ミナラル類などをバランスよく含んでいる為に、
夏バテ時の食欲増進や疲労回復にも効果抜群です!!

ちなみに・・・
歌舞伎の世界を「梨園(りえん)」と呼ぶのは、
中国・唐の時代に溯りますが、
絶世の美女楊貴妃の愛に溺(おぼ)れ国を滅ぼしたという、
玄宗皇帝は自らも歌舞音曲の才を誇り、
宮廷内で多くの弟子達に楽(がく)を教えました。
そして、その教えた場所が、なんと宮廷の梨畑だったので・・・
という故事に由来しているそうです。
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-24 08:10

『 油断禁物 』


今日は二十四節気のひとつ「処暑」です。
 (9月8日頃の白露までの期間)

「処暑」とは・・・
暑さも収まる時期という意味で、
北の地方から秋の気配が感じられるようになる頃です。
また「二百十日・二百二十日」とともに、
台風襲来の特異日とされています。

8月8日に「立秋」を迎えた時は、
これで暑さも峠を迎えたと・・・
早合点した人も少なくなかったと思いますが(笑)
一年の内で最高気温を出すのは「立秋」から「処暑」までが最も多く、
「処暑」から次の「白露」までもけっこう暑さが厳しい・・・。
これまでの暑さに体力が弱っていて、
夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので、
「処暑」といわれても油断できません!!(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-23 08:56

『 感動 』


2日間にわたる死闘の結果は、
早稲田実業が 4対3 で駒大苫小牧を制し、
夏の甲子園初優勝を飾った・・・。

早実の優勝には心からの拍手と賞賛を送りたい。
だがきっと・・・駒苫が敗者とは誰も思わないだろう・・・。
記録の上では確かに3連覇にはなりませんでしたが、
大きなプレッシャーの中で 4千数百校 の頂点まで、
あと一歩のところまで登り詰めて来ただけでも大変なことである・・・。

『 ・・・感動的なドラマが連続した甲子園であった・・・ 』

今、プロ野球は人気凋落の一途をたどっています。
確かにスポーツや娯楽の多様化という面もあります。
だがそれだけなのか???
サッカー人気に客を奪われたからなのか?
イチローや松井を初め人気選手が大リーグに行ってしまったからなのか?
それだけではないような気がします・・・。

今回の甲子園大会が始まるまで、
よほどの高校野球ファンか関係者か地元の人でない限り、
両校の選手を詳しく知っていた人はあまりいないハズです。
だがイチローがいなくても松井がいなくても、
(そういう意味では)無名の選手たちが人々に感動を与え、
その結果として日本中を熱狂させた・・・。

なぜプロ野球が人気凋落なのか?
選手を含めプロ野球関係者は、
そのへんのところを真摯に受け止めて考えるべきである。
もちろん・・・「口で言うは易し」なのはわかっていますが・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-22 10:45

『 王者 』


           『 栄冠は君に輝く 』

                   (作詞:加賀大介 作曲:古関裕而)

  1.雲は湧き 光溢れて 天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ
    若人よ いざ まなじりは 歓呼にこたえ
    いさぎよし 微笑む希望 ああ栄冠は君に輝く

  2.風をうち 大地を蹴りて 悔ゆるなき 白熱の 力ぞ技ぞ
    若人よ いざ 一球に 一打にかけて
    青春の 賛歌をつづれ ああ栄冠は君に輝く

  3.空を切る 球の命に かようもの 美しくにおえる健康
    若人よ いざ 緑濃き しゅろの葉かざす
    感激を 目蓋にえがけ ああ栄冠は君に輝く
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-21 15:07