日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー

<   2006年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

『 紫蘇 』


 「紫の葉で蘇(よみがえ)らせる」と書いて『紫蘇』(シソ)

古くから日本に自生する「和風ハーブ」

中国では人を生き返らせる力のある植物とされています。
せきやたんを鎮める効果があるとされ、
強力な殺菌作用や防腐効果はよく知られていますが、
最近では抗アレルギー効果が注目されているようです。

葉が緑の青ジソと紫の赤ジソに大別され、

 ・青ジソの葉は「大葉」とも呼ばれ、元来の旬は夏。
  その香りと殺菌作用から刺し身のツマなどに適していますが、
  天ぷらや麺類の薬味など幅広い用途に使われています。

 ・赤ジソはシソジュースにしたり、
  梅干しを着色するのに使われます。
  旬は初夏から7月で、
  最近は“シソジュースブーム”で赤ジソの人気が高いようですね。
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-31 09:00

『 小さな星 』


   

   
   流星群の流れ星は・・・
   76年ごとに現れる「ハレー彗星」が宇宙に残した・・・小さな星・・・。

   夜空に輝き続ける星光・・・。
   地平線から続く天の川・・・。
   空高く翔る煌びやかな流星群・・・。

   今宵・・・
   「みずがめ座デルタ流星群」が極大になる・・・。

   明日夜・・・
   「やぎ座流星群」が極大を迎える・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-29 10:14

『 夢を抱く 』


普段何気なく使っている「夢」という言葉には・・・

  「将来実現させたい事柄」
  「現実ばなれした空想や甘い考え」

という二つの意味がありますよね。
上記二つの意味の間には大きな隔たりがあるようにも思いますが、
他人からは現実離れした考えに見えても、
本人が「将来実現させたい事柄」として考えるのであれば、
決意と行動があればどのような高みにも到達出来るのかもしれません。

夢を実現させたという話は世の中に沢山ありますが、
次のような話があります。

  勉強があまり出来なかった生徒に担任の教師が言ったそうです。
  「高校に進学するよりも、
  中学を卒業したら家業を継いだほうがよい」と・・・。
  それでもその劣等生は高校に進学しました。
  そこの高校で一人の先生に出会い、
  「今から簿記の勉強をすれば税理士になれる」と励まされ、
  高校卒業一年目の19歳で見事合格したそうです。

人の資質は・・・
ごく一部ながら遺伝的に優れたものを、
持ち合わせて生まれてくる人もいるようですが、
環境や努力によって差が付く事もアリですね。
埋もれていく人もいれば・・・磨かれ伸びる人も・・・。
せめて・・・子供達に大きな夢を抱かせるような、
そんな環境(大人達、教育、社会)であって欲しいものです。
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-28 09:08

『 喜び 』


子供の頃・・・母方の親元がお菓子屋でしたので、
夏休みは1週間遊びに行くのが楽しみでした。
行く前、頭の中はお菓子を食べる事ばかり考え(笑)
あれを食べよう・・・これも食べようと・・・ワクワク・・・(笑)

でも・・・いざ行くと食べたのは1時間~2時間位で、
いつでも食べれると分かったら食べなくなりました(笑)

   「 それより・・・
     山に行ったり川に行ったり遊んだ方がいい 」
   

でも遊びに飽きると大人の仕事のお手伝い。
みんなから「ありがとう」って言われる事の喜びが・・・
やっぱり役に立つことで心が満たされたのかな???

全てが手に入ると物への執着が無くなり、
それより・・・
自分が必要とされている喜びを求めたのでしょうか???(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-27 15:26

『 ブヨ 』


子供達が夏休みが迎え、
アウトドアシーズンに突入しましたね!!

そこで注意して欲しいのは、
清流などの水が綺麗な場所に住む “ブヨ” です。
ブヨは蚊に非常に似ていまして大きさも蚊とさほど変わりありません。
彼らは(笑)人などに噛み付き血を吸います。

   「 噛むため、蚊と違い痛い・・・ 」

噛む事により吸うよりも虫と人の体液の接触が大きく、
アレルギー反応も起こりやすい・・・。

ブヨは薄い靴下等なら噛み付き血を吸いますので、
清流や山などに行く際には、
多少暑くとも厚い生地の服を着て不用意に素肌を出さないように!!

楽しいばかりではなく・・・
ブヨにも十分に気をつけて下さいね。
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-26 18:38

『 名言 珍言 』


 『 欠陥に満ちていることは一つの悪である。
     しかし欠陥に満ちていながら
       それを認めようとしないのは、さらに大きな悪である 』

                        ~~ブレーズ・パスカル~~
 

 『 他人の過ちから学ぶことが必要だ。
     自分でそれらすべての過ちをするほど
       長生きはしないのだから 』

                        ~~サム・レベンソン~~


 『 神はサイコロを振ることはない 』

                        ~~アインシュタイン~~


 『 天才は1%の才能と99%の努力である 』

                        ~~トーマス・エジソン~~


 『 自分を向上させる事に手一杯で、ライバルは見ていない 』
 
                        ~~バリー・ボンズ~~


 『 恋愛はポタージュのようなものだ。
     初めの数口は熱すぎ、
       最後の数口は冷めすぎている 』

                        ~~ジャンヌ・モロー~~


 『 未来に対する最上の準備は、
     現在をしっかり見つめること、なさねばならぬ
       義務を果たすことである 』
 
                        ~~ジョージ・マクドナルド~~
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-25 13:53

『 蝉 』


何年も土の中で過ごし・・・
脱皮して鳴けるようになった蝉は、
そのわずかな期間を精一杯生きます。
そのような蝉を・・・
人間の生まれ変わりとする伝承が数多く残っているそうです。

蝉の抜け殻を「空蝉(うつせみ)」と呼びますが、
もともとはこの世に現に生きている人という意の
「現身(うつしおみ)」が語源で現世という意味も持ちます。
樋口一葉の短編や源氏物語にも使われ、
万葉集などで「うつせみ」は「人」や「世」にかかる枕言葉です。
蝉の儚さ、空蝉のすぐに壊れてしまいそうな脆さや危うさは、
まさに「人」であり「世」であるような気がします・・・。

ちなみに源氏物語に登場する空蝉は、
作者である紫式部自身がモデルではないかと言われていますが、
たった一度だけ肌を合わせたものの、
その後は拒絶を続けた空蝉は、
源氏にとって生涯忘れることのできない女性として描かれています。

一葉は・・・
「空蝉の世渡る橋や夢の浮橋」を、
とにかく超えてみようと歌を詠んでいます・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-24 16:55

『 調査結果 』


2001年に続いて・・・
2回目の警察庁の研究会が行ったアンケート調査結果です。

「わいせつ画像を見たことがある」と、
答えた男子高校生は49・4%にのぼり、
中高生全体でも5年前の13・9%から倍増していたようです。
子供がわいせつな画像を見ることについて、
70・4%の保護者が「心配」と答えたほか、
74・5%は「だまされてお金や物が取られる」事を心配しています。
これに対しネット利用について、
時間制限など家庭内のルールを決めていない保護者は38・5%。
「出会い系サイトの利用経験」は、
女子高校生に限ると4・2%で、
前回調査(22%)の約5分の1に激減。
中高生全体でも2・6%(前回12・4%)と大幅に減っていたようです。

青春真っ盛りの思春期に・・・
わいせつ画像すら見たことがない男子高校生が・・・
半分以上いることの方が・・・私は逆に心配です(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-22 09:56

『 西瓜 』


「西瓜」と書いて「スイカ」

スイカは・・・ 野菜か? 果物か? (笑)
伝統的な日本語の概念では・・・
野菜と果物の区別は草本か木本かによるため、
“野菜”に分類されるそうです。
ご存じスイカは果肉の90%以上が水分であり、
ノドの渇きを癒やすには最適で、
むくみ解消が期待でき、カリウムを含み利尿作用もあるようです。

スイカの種を表に出さない切り方としまして、
スイカの縞(しま)と縞の間を切ると切断面に種があまり出ないそうです。
切り売りスイカだとついつい種が少ないものを選んでしまいますが、
店のほうでも工夫して販売しているようです(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-21 16:34

『 季節の変わり目 』


各地で大雨の被害が相次いでおります・・・。
これらは・・・環境破壊?地球温暖化?等、
人間の所業に対する竜王の怒りでしょうか???

本日 7月20日は「土用の入り」です。
「土用」とは本来・・・
陰陽五行説に基づく季節の考え方で、
春に木、夏に火、秋に金、冬に水を配し、
季節と季節の間に土を配したのが始まりですが、
昨今は夏の土用だけが話題になります(笑)
五行説では「土」は物を変化させる作用を持ち、
「用」は働きを意味しています。
従いまして、土用とは季節の変わり目を意味することになります。

平年ならば・・・
暑さ盛りの土用の入りとなるところですが、
今年は各地で大雨警報の他に低温や、
日照不足に関する注意報も発令されています。
人間には天候を左右する力は備わっていませんが、
言葉にはその霊力が備わっていると昔の人は考えていたようです。
古(いにしえ)より伝わるおまじないなどもその一つで、
照乞いの歌として下記のニ首は有名です。

   「 昨日こそあさまは降らめ今日はただ見晴らし給へ夕立の神 」

   「 時により過ぐれば民のなげきなり八大竜王やめたまえ 」

これで竜王も鎮まれば良いのですが・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-07-20 16:32