日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー

<   2005年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

『 食い違い 』


同じ漢字を使っていても中国語と日本語では・・・
まるで意味の違うものがあります。
「手紙」は中国語では「トイレット・ペーパー」の事で(笑)
「走」は“走る”のではなく「歩く」ことを意味しているようです。

レストラン等でお湯をもらおうと思い・・・
筆談で「湯」と書いたら「スープ」が運ばれて来るようですね(笑)
沸騰したお湯なら「開水」 ただ熱いお湯なら「熱水」

こういう違いは他愛ないと思いますが、
微妙な食い違いのある言葉となってくると・・・
とんだことにもなりかねませんよね(笑)
「質問」は“ただたずねる”ことではなく・・・
「詰問する」という意味らしいですね。

ちなみに「検討」は“自己批判”という意味ですが・・・
「いずれよく検討いたしまして・・・」等と言う議会答弁用語は・・・
中国語の意味で使ってもらいたいなぁ~~(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-28 08:05

『 由来 』


日頃当たり前に見ている企業の名前も、
その由来を紐解いてみると・・・
結構おもしろいものが沢山ありますねー。

例えば・・・

 通販大手の「千趣会」の名前は、
 創業時の「こけし千体趣味蒐集の会」という名称からきてるようです。

 建設大手の大成建設は大倉財閥の基幹であった大倉土木組を起源としており、
 戦後、財閥解体の標的となるのを避けるためと、
 創業の原点に還りその功績を顕彰する意義を込めまして、
 創業者の戒名「大成院殿礼本超邁鶴翁大居士」から
 「大成」の二字を社名に据えているそうです。
 
 漢書などの故事格言から来ているものとしましては、
 「易経」にある「至哉坤元、万物資生」から「資生堂」の名が生またようです。

 積水化学の「積水」は「孫子」にある「勝者の戦わしむるや、
 積水を千仞の谷に決するがごとき形なり」に由来しています。

 「バンダイ」の社名も「六韜」にある「萬代不易」
 (永遠に変わらない)からだそうです。

他にも面白い由来の会社名は沢山ありますが、
我が子に名前をつけるのと同様・・・
社名の多くは創業者あるいは命名者の思いが込められているものですねー。

皆様の会社の名前由来は・・・ご存じですか?(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-26 16:49

『 エンゼル 』


b0032368_1047185.jpg


『金なら1枚 銀なら5枚』

「金」にはお目にかかったこと無いのですが(笑)
この度「銀」を5枚集める事が出来ました(笑)
しかし・・・○○年生きてきて・・・
「金」に一度も出会ったことが無いなんて・・・(笑)

入念にチョコボールを陳列棚から選び・・・
当たっていたら涙モノ・・・(笑)
当たっていない場合は・・・
選んだ人が悪い等と子供達は“言いたい放題”です(笑)

しかし三年前に送られてきました「月の缶づめ」
今は何処かに消えてしまいました???(笑)
当たるまでは頑張りますけど・・・
いざ当たって景品が送られてくると意外と大切にしなかったり・・・(笑)
でも、チョコボールを開けた瞬間「エンゼル」が微笑んでいますと・・・
また集めてしまいます(笑)

ところで?皆様は・・・
『金のエンゼル』を拝見した事はありますか?(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-25 10:55

業務多忙で・・・10分すら・・・PCの前に座れません・・・。

明日から・・・また頑張ります!!

宜しくお願い申し上げます・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-24 17:11

『 どっちもどっち 』


ホリえもんが(笑)プロ野球界に名乗りを上げ・・・
「どこでもドアー」よろしく(笑)今度は放送業界に現れ企業買収劇を演じました。
確かに違法ではないため・・・
金で買えぬものはないと豪語しているようですが・・・
一方「そうかも知れぬがちょっとねぇ~」といぶかる声も聞かれます。
同じマスコミでは民法がN○Kを批評して放送料未払いが増えたことをとらえて・・・
払わずに済むテクニックを懇切丁寧に説明していますが・・・
不払いを助長している風にうつります(笑)
また、N○KとA紙がラグビーの審判につけた広告を巡ってもめましたが、
直前の喧嘩の嫌がらせとみる見方があります。
う~ん、夏の甲子園高校野球の放送は一体どうなるのだろう???

昨今・・・
TVは薄型に人気が集まっているようですが・・・
番組も同じように薄っぺらになっている現実からみると・・・
なんともドラマチックな展開に下手なテレビよりも面白いというのは皮肉です・・・(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-22 17:15

『 名言・格言 』


「容易なるものはなけれど、
    不承不承に行うときは困難となる。」
                  ・・・テレンティウス・・・
   ☆どんな事でも嫌々やっていると、
     こじれて上手く進んでいかなくなります☆


「心の欲するままに生きる、
   というのが僕の哲学だ。
      それは木の葉が波にまかせているようなもの、
        どんな怒涛にもまれても浮いていられる。 」
                  ・・・森敦・・・
    ☆自分の感覚をたよりに、変幻自在でありましょう。
     嵐の時にも沈むことはありません☆


「それからはずっと幸せに暮らしましたとさ、
    というのは一日一日の積み重ねによってのみ可能なのです 」
                   ・・・マーガレット・ボナーノ・・・
    ☆幸せを継続させるのにも、毎日の小さな努力が必要です☆


「すべて世上に出づるの因は、
    善く用いる者には生機にして、
       善く用いざる者には殺機なり。」
                   ・・・菜根譚・・・
    ☆良い事も悪い事も、うまく活かす人にとってはチャンスとなり、
     活かさない人には失敗の種となります。
     すべては自分次第です☆


「強力な理由は力強い行動を生む」
                  ・・・シェイクスピア・・・
☆強い意志、希望があれば、
     大胆で力強い行動となります。
     強い志を持ちましょう☆
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-21 17:21

『 社説 』


自分が思ったことや言いたい事が新聞の社説に掲載されますと・・・
あぁ・・・他の人もこう思っているんだなぁ・・・って・・・
ある種の感動さえ覚えます。

金曜日の読売新聞に・・・
小学4年生の男児二人がキャッチボールをしていたところ、
ボールがそれて子供に当たり死亡する事件があり、
その損害賠償裁判で男児の両親に対し、
総額6000万円の支払いを命じた判決がありました。

その事に関連しまして、
今日付の同新聞社説に私が感じたそのままの事が掲載させていました。
確かに亡くなった男児の両親の心中を思えば、
驚きと悲しみは察するに余りがあります・・・。
しかし・・・この判決の内容は余りにも理不尽なのでは???
軟式のボールでキャッチボールしていた小学4年生に対して、

 「キャッチボールの球がそれて他人に当たることは充分予測できた」
 としています。 まぁ・・・これは分かります。

 「軟式のボールでも、
  当たる部位によっては負傷したり死亡したりすることも
  あるという予測ができたはずだ」と言っています。

私の息子は少年野球チームに所属していますが、
子供が軟式のボールでキャッチボールをしていて・・・
人が死ぬなんて思って投げているのかな???
この判決はあまりにも厳しい・・・。

社説後記に「公園で球技はするな。家でテレビゲームでもしていろ」
そんな言葉が当たり前の社会にはしたくない・・・と書いてありました。
全く同感です。

不幸な事件があると・・・
管理者、親は萎縮することばかりを考えがちなってしまいます。
しかし・・・これ以上子供の遊び場を無くしていけない・・・。
泥んこになって家に帰ってくる子供がいい・・・。

『 ・・・・子供は外で遊べ・・・・ 』
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-19 14:43

『 夫婦 』


ある週刊誌より・・・こんな記事をみつけました。

   『妻320人のホンネ 
          夫には恋はもうできないのか・・・』

私が私の家内になり(笑)
結婚生活14年・・・今の自分に対して考えてみました(笑)
「ドキドキするか?」(笑) 「ときめくか?」(笑)
“好き”ではありますが・・・
「この人って☆素敵☆」っとは思わないかな???(笑)
でも・・・ときめきだけではない・・・
『深い愛情』は・・・『山より高く・・・海より深い』
 
            ?んっ?
私の家内の本音・・・私の事を・・・どう思っているのかな???(笑)

b0032368_10281989.jpg


『 夫婦の存在はお互いの一部になっている・・・ 』
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-19 10:39

『 蝶&蛾 』


蝶(チョウ)は美しく愛され童謡まであるのに・・・
蛾(ガ)の方は地味でどちらかというと嫌われる存在・・・。
何となく見分けている「蝶と蛾」ですが(笑)
具体的な違いというのはどこにあるのでしょうか?(笑)

実は生物学分類上ではどちらも鱗翅目に含まれる昆虫で、
特に分けない事が多いとの事ですが(笑)

 「触角と留まる時の形」 
 「蝶の触角は棒状なのに対し蛾の触角は櫛状や糸状」
 「蝶は羽根を背中側で畳むのに対し蛾は屋根型(閉じた傘のような形)」
 「昼行性や夜行性」という分け方も・・・。

ただ、こういった分け方も見た目や名前に対する例外が多く・・・
はっきりした区別が出来ないというのが本当のところですよね(笑)

とても可愛そうな・・・蛾(ガ)・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-18 10:58

『 診断結果 』

 
心理テストの【診断結果】発表です!!(笑)

それぞれのものが表すのは何かと言いますと・・・

 
 『太陽』=心の中の喜びや楽しみ、幸福感等です。
       太陽が大きくてキラキラ輝いていれば幸せいっぱい。
       逆に小さく弱弱しいと・・・。

 『雲』=悩み、心配事等です。
     大きさや数によって、
     どれくらい心にかかる辛い事があるかがわかります。
     真っ黒な雷雲などは相当深刻な悩みで、
     雲が太陽にかかっているのはそれだけひどく悩んでいるって事です。

 『家』=家族の関係を表します。
     小さくて温かな雰囲気ならば、
     そのようなイメージを自分の家庭に持っているという事になります。
     大きければ大家族。
     重々しいのは家族がなんらかの心理的圧迫を加える存在だから・・・。
     もしも壊れかけた家ならば家族関係が破綻してる・・・。
     普通は1軒だけ家を描くそうですが、2軒も3軒も描くのは・・・。 

 『木』(樹)=大切な人の象徴。
        家のそばにあれば、たいてい家族を表します。
        家から遠くはなれて大木が1本、なんてのは意味深?(笑)  

 『道』=人生の象徴。
     太く短い舗装道路なのか、曲がりくねった小道なのか、
     崖っぷちの危険な道路か色々ありそうですねぇー(笑)

 『草むら』=仕事の同僚やプライベートな友人関係等です。
        草むらがあまりない、枯れかけている、
        これは同僚・友人に恵まれていない人です。
        あっちこっちに草が生い茂っていて花まで咲いてるならば、
        充実してるって事ですね。
        家を覆い隠すほど茂った草むらは良し悪し・・・でしょうか?(笑)

 『蛇』=これはズバリS○Xですって(笑)
     家の中や家のすぐそばに描いた人は伴侶と仲良し。
     家から遠い場所に蛇がたくさんいるのは・・・浮気性なのか?(笑)


いかがでした?当たってましたか?(笑)
同じ絵でもいろいろ解釈の仕方はありそうですねー(笑)
 まぁー あくまでも心理テストですけど(笑)
日常生活を楽しくするのにどうぞ役立てて下さい(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2005-02-17 16:30