日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『 宇宙に描く・・・光のファンタジー 』

☆ 2008年9月の夜空 ☆


  ○満月=15日   ○新月=29日


   夏のあいだ南の空で明るく輝いて目立っていた・・・
   木星が西のほうへ移り、夕空には金星が見え始めました。

   今月14日は「中秋の名月(十五夜)」ですので、
   星だけではなく月を眺めて楽しみたいものですね。

 
【9月の流星群】
  
   9月は、とくに目立った流星群の出現はありません。


【9月の惑星】

 「水星」
   近くに明るい金星があるので、
   中旬ごろまでは金星を目印にすれば見つけられます。
   中旬以降はますます低くなり、見えなくなってしまいます。

  
 「金星」
   しばらく見づらい期間が続いていましたが、
   やっと今月から見やすくなってきました。
   中旬ごろまでは水星、火星が近くにあるので、
   双眼鏡を使うと3つの惑星が一度に見られます。

  
 「火星」
    中旬ごろまでは金星が近くにあるので、
    これを目印に双眼鏡で探してはいかがですか?
    水星も近くにあるので、
    双眼鏡を使うと3つの惑星が一度に見られます。

  
 「木星」
   木星の周りを回るガリレオ衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)は、
   双眼鏡でも見えます。
   望遠鏡を使うと、木星の表面にある縞模様や、
   大赤斑という巨大な渦巻きも見えます。


 「土星」
   土星は「しし座」にあります。
   月末には4時ごろ昇ってくるようになりますが、
   高度が低いので今月は見づらいでしょう。







    ギリシャ神話では・・・


       牧神パーンが化けたヤギの姿とされています。
       宴会中に怪物に襲われたパーンは川に飛び込んで逃げようとしますが、
       あまりにも慌てていたために、
       上半身がヤギで下半身が魚という姿になってしまいました。

       この姿が天に上げられたのが「やぎ座」で、
       星座の絵を見ると確かにそのように描かれています・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2008-09-01 08:23