日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『 宇宙に描く・・・光のファンタジー 』


☆ 2007年6月の夜空 ☆


  ○満月=1日   ○新月=15日


   西と東の空に1つずつ明るい星が輝いています。
   西の空でかがやいているのは「宵の明星」の「金星」
   東と南のあいだの空でかがやいているのは、
   太陽系でいちばん大きい惑星の「木星」です。
   金星のナナメ左上には「土星」も光っているのですが、
   金星が明るすぎて土星に気がつかないかもしれません。
   東の空に明るい3つの星が、
   大きな三角の形に並んでいるのが見つかります。
   これが夏の星空の目印の「夏の大三角」です。
   このうち2つの星は「七夕」の「織姫星」と「彦星(牽牛)」です。
   さらに今月は・・・
   「ブルームーン」 「金星のM44接近」
   「木星が絶好の観察シーズン」 「金星と土星の接近」等、
   星空の話題や見どころが沢山あります。


【6月の流星群】
  
   6月にはこれといった流星群はありません。
   次のチャンスは・・・
   7月の後半から始まる「夏の流星群」です。


【6月の惑星】

 「水星」
   6月2日に太陽からもっとも離れて見える
   「東方最大離角」を迎える水星は、
   西北西の高度15度くらいのところに光っています。 
   

 「金星」
   6月9日に「東方最大離角」を迎え「宵の明星」の名のとおり、
   宵空でいちばん目立つ存在となっています。
   そんな金星の左上には、土星が光っています。
   

 「火星」
   2007年12月19日に地球に最接近する火星は、
   6月は深夜1時すぎに東空に昇ってきます。
   星座との位置関係でいうと、
   「秋の四辺形」の下「うお座」のV字の付近で一番明るい星が火星です。
   

 「木星」
   6月6日に地球をはさんで太陽の反対側に来る「衝」を迎え、
   絶好の観察シーズンの到来です。
   高倍率の双眼鏡があれば4つのガリレオ衛星を観察でき、
   天体望遠鏡があれば表面の縞模様や大赤斑を確認できます。


 「土星」
   日没後、西の空の宵の明星=金星の斜め左上に光っている土星は、
   どんどん高度を下げていき、
   月末には金星とくっつきそうなほど接近します。
   そのころには日没直後のまだ空が明るいうちでも、
   金星に双眼鏡を向ければ土星を見つけることができるでしょう。







   ギリシア神話では・・・


       「おとめ座」の正義の女神アストレアが持っていた、
       「人間の善悪を量る天秤」をかたどったものとされてます。
       人の臨終のときに・・・
       その人が生前に行なった善の重さと悪の重さを量って、
       天国行きか地獄行きかが決まるという、
       ある意味恐ろしい天秤です・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2007-06-01 15:57