日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 訛り 』


長崎県出身の原田知世は、
昭和57年に角川映画大型新人募集に応募し、
5万7000人の中から選ばれて芸能界入りしました。

テレビ版の「セーラー服と機関銃」でデビューするのですが、
当初、周りの人は彼女がほとんど口をきかないので驚いたという・・・。

ところが1年ほどすると・・・
彼女はそれまでとまるで人が違ったように、
よく喋るようになったとの事です。
デビュー当時の彼女を知っていた人は、
あとで彼女に会うと本当に驚いたらしい・・・。

         なぜか???

原田知世は・・・
1年ほどかけて「長崎訛り」を直していたらしいです。
おそらく・・・
上京した彼女は普通に話したはずの言葉で笑われ、
それにひどく傷ついたのではなかろうか???
笑ったほうとしては特に悪意はないだろうとは思うのですが
笑われるほうは相当なショックで・・・。
笑うべき場面で笑われるのなら何も問題はない。
ところが本人が笑わせようという意図のないところで笑われるのです。
故郷では笑いと結びつかなかったところで笑われるのです。

テレビが全国津々浦々にまで行き渡っている現在でも、
厳然として「訛り」があるというのは・・・
不思議な気がするのですが(笑)
とにかく・・・あるものはあるわけであり・・・(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2007-04-19 13:27