日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『 恵比須 様 』


10月は日本全国の八百万(やおよろずの神々が、
「来年の天候」「農作物や酒の出来不出来」「人の縁結び」など、
諸々の相談のため出雲へ出払ってしまいますが、
留守を預かる留守神もいます。

その代表が・・・
七福神の一柱で、烏帽子をかぶり、肩に釣竿、
大きな鯛を抱えたご機嫌なおじさんの(えべっさん)です。
恵比須さまは・・・
海と漁業の神様で、農村ではは田の神となり、
商売繁盛の神でもあります。
そして・・・
恵比須さまを祭り、商売繁盛を祈念するのが“えびす講”です。

恵比須さまの出自にはいくつかの系統があり、
少彦名神(すくなひこなのかみ)や事代主神(ことしろぬしのかみ)、
または蛭子神(ひるこのかみ)を祭神として祀ります。
その蛭子系恵比須の総本社が兵庫県の西宮神社で、
毎年正月の「十日えびす」の際は大勢の人が、
参拝の一番乗りを競う神事「福男選び」が大変有名なようです。
上記のように・・・
10月は出雲以外は神が出払って居ないから・・とは昔の人は言いません、
ちゃんと留守神を残しています。

程良い加減に曖昧さを残し融通をきかせる・・・先人の知恵ですね・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-10-23 17:49