日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『 宇宙に描く・・・光のファンタジー 』


☆ 2006年8月の夜空 ☆

  ○満月=9日   ○新月=24日

8月の星空の見どころは・・・
繰り返し現われる流星群の競演ですので、
素晴らしい星空を楽しめる事を願いましょうね!!

【8月の流星群】

 夏の流星群のシーズンのまっさかりで、
 上旬は「みずがめ座流星群」 中旬は「ペルセウス座流星群」 
 下旬は「はくちょう座流星群」 「みずがめ座流星群」などがくり返し現われます。
 「ペルセウス座流星群」は、
 12~13日のピークを数日はずしても、
 かなりの流星が現われるので充分楽しめると思います。
 今年の夏の流星群の狙い目は、
 8月20日頃の「はくちょう座流星群」と「みずがめ座イオタ流星群」です。
 この頃は下弦の月を過ぎていますので、
 一晩中 綺麗な星空で流星を楽しむ事が出来ます。

【7月の惑星】

 「水星」
   水星は明け方の空で、金星の下で光っています。
   8月の前半は高度があるので見つけることができますが、
   後半は高度が下がって見つけられなくなります。   

 「金星」
   明けの明星=金星は、
   明け方の高度を徐々に下げてきています。

 「火星」
   火星はいま「しし座」にいますが、
   日没時の高度が低すぎて、見つけることができません。
   
 「木星」
   新しい「中赤斑」が話題になっている木星は、
   今「おとめ座」と「てんびん座」の間にいて、
   日没後、南西の空でいちばん星になっています。
   8月2日の宵には木星の真下に上弦の月がならぶので、
   とても人目を引きます。

 「土星」
   土星はいま、太陽の向こう側を回って、
   明け方の東空に移るところです。







 ギリシャ神話では・・・

      半人半馬のケンタウロス族の賢人ケイローンの姿とされ、
      星座絵では弓をつがえて、
      さそりの心臓アンタレスを狙っています・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2006-08-01 08:27