日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 タバコ 』

数十年以前は・・・タバコは長寿の秘薬であったのに・・・。
私は、タバコを吸う本当の意味に医者は目をつむっているような気がします(笑)
タバコを吸って生体に入ったニコチンは、
このニコチン受容体を介して生体を“リラックスの世界”にいざないます(笑)
仕事で夢中になって興奮した体をリラツクスさせているのがタバコで・・・
「一服も仕事の内」という意味(言葉)なのでは???
ニコチン物質は「狭心症の薬」としても使われていまして、
患者が心筋梗塞になるのを防いでいてくれています。
なぜ?このような事実を伝えないのであろうか???
タバコの葉が燃焼した時は、
ニコチンのみならずタール成分やその他の体に有害な成分も生じるので、
たくさんの本数を長時問吸い続けるのは体に悪いのは当然なのですが・・・
前記したようなタバコのリラックス誘導作用を一言も口にせず、
吸うな吸うな(禁煙、禁煙)と言うのは・・・???(笑)
社会から受ける、あるいは日常生じるストレスから解放させる作用自体が、
健康に悪いとは言えないと思いますが・・・(笑)
昔の人は、キセルにタバコの葉をおもむろに詰め炉端にすわって、
一日に数回タバコを吸っていたと思います。
紙巻きタバコが開発され・・・
簡単にライターで火をつけることができるようになって、
タバコを吸う本数が急に増えてしまったのですね。
火打ち石で火をおこしていた時代くらいの本数であれば、
タバコはストレスを除き・・・長寿の秘薬のままであったものと思う・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2004-10-11 09:10