日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『 3月6日 』


「啓蟄」
“24節気”の一つで大地が暖まって、冬の間地中にいた虫が這い出てくる頃。
 (天文学的には、天球上の黄経345度の点を太陽が通過する瞬間)
ちなみに・・・
啓蟄のころに鳴る雷のことを「蟄雷(ちつらい)」
春の雨とともに虫たちが増えるためか「虫だしの雷」とも言われています。

一年を24の節に分けると1つの節は15日ぐらいになり、
その最初の日を節気と言います。
春・夏・秋・冬の四季ごとに節気は6つずつです。
例えば・・・
春の最初の節気は立春で2月4日頃。
一番寒い時期なのに「春立つ」というのは、
これ以上は寒くならない、あとは暖かくなるだけだという考え方からだそうです。
同じように夏が始まる・・・
「立夏は5月6日頃」「立秋は8月8日頃」「立冬は11月7日頃」
ほかの節気では「春分」「秋分」「夏至」「冬至」です。

節気を春から順に並べると・・・
  
  春----立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨
  夏----立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑
  秋----立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降
  冬----立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒
                  
以上となっております。
[PR]
by qwert.6 | 2006-03-06 09:58