日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『 商売繁盛 』


青々としていた水田はいつの間にか黄色を帯び・・・
やがて黄金色に輝き・・・
実るほどに頭を垂れてゆく・・・
稲穂が収穫の時期を迎えています。

古来から稲作とともに歩んできた日本人は、
その年の収穫を神に感謝し、
翌年の “五穀豊穣” を願ってきました。
その神の最もたるものが「お稲荷様」です。

「稲荷」は “稲生” “稲成” “飯成” とも書かれ、
狐がその神のように思われがちですが、
実際には五穀をつかさどる稲荷神が祀られております。
狐は稲荷神の使いという位置づけですが、
「伊勢神宮の鶏」 「春日大社の鹿」 「日吉大社の猿」
「八幡宮の鳩」のような単なる神使と違い、
お稲荷様の狐には神様の一族のような資格を与えられているそうです。

「五穀豊穣の願い」はやがて「商売繁盛への願い」となってきました。
人や社会、価値観など時代と共に変わっていくものもありますが、
日本の伝統文化は・・・後世にまで引き継いでいって欲しいものです・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2005-09-17 10:40