日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『 9月9日 』


本日は「五節句」の一つ・・・『重陽の節句』です。

節句とは・・・
季節の変わり目に神様にお供えるという意味のもので、
室町時代までは「節供」と書いていたようです。
数ある節句の中から『五節句』が選ばれたのは江戸時代です。
「五節句」の特徴は・・・

  ①必ず植物が関わっている。
  ②江戸時代に入ってから爆発的一般に浸透する。
  ③全てとは言わないが子供に関係する。

以上の3つだそうです。
「植物を用いる」「食べること」で邪気を払うのが目的だそうですね。

 ◇9月9日◇  「重陽(ちょうよう)の節句」
             清らかに薫る菊の花に永遠の命を見た昔の人々以来、
             9月9日の節句には、
             さまざまな形で菊を用いて不老長寿が願われます。

 ◇1月7日◇  「人日(じんじつ)の節句」
             新しい年の初め、一年の健康を祈る日に、
             春の訪れを予感させる若菜を粥に仕立てて食べ、
             年中の無病息災を祈ります。

 ◇3月3日◇  「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
             流れる水にわが身の厄を流す中国の風習と、
             人形(ひとがた)をわが身に代えて祓いとする、
             日本古来の風習が融け合って、
             やがて日本のならではの“ひなまつり”が生まれました。

 ◇5月5日◇  「端午(たんご)の節句」
             植物の菖蒲(しょうぶ)を活用して、
             季節の変わり目を健康に過ごすための節句が、
             武家の時代を経て、
             男子の成長を祝う節句になりました。
 
 ◇7月7日◇  「七夕(たなばた)の節句」
             夏の夜空の下・・・
             枝に短冊を結びつけた竹や笹を立て、
             「牽牛」と「織女」の二つの星の出逢いを祈り、
             また織物の名手「織女」に、技芸の上達を願います。
[PR]
by qwert.6 | 2005-09-09 10:20