日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『 夏 』


「甲子園」 「夏の真っ白な入道雲」 「雷を伴なった夕立」
「木陰で涼しさを感じる一抹の風」 「かき氷」 「蝉の鳴き声」
「蚊帳」 「朝顔」 「西瓜」等々色々思いつきます。

   朝顔といえば・・・
         「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」

という有名な句を思い出しますが、
この句は江戸中期の加賀の松任の俳人、加賀千代女の句です。
彼女は25歳の時に夫に先立たれ、
幼子にも死別したという話を聞いています。

         「起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな」

         「とんぼ釣りけふはどこまで行ったやら」

この二句も彼女の句ですが、
普段はこういうものに疎い私も(笑)
ついその感性に惹かれてしまいます・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2005-08-09 09:00