日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 セミ 』


「風鈴」の音色が“涼やか”な気分にさせてくれるのに対し・・・
「蝉の声」は“暑さ”が増してきませんか?(笑)

何年も土の中で過ごし、
脱皮して鳴けるようになった蝉は、
そのわずかな期間を精一杯生きます。
そのような蝉を「人間の生まれ変わり」とする伝承が、
数多く残っているそうです。

蝉の抜け殻を「空蝉(うつせみ)」と呼びますが、
もともとはこの世に現に生きている人という意の「現身(うつしおみ)」が語源で、
現世という意味も持っているようで・・・
樋口一葉の短編や源氏物語にも使われ、
万葉集などで「うつせみ」は「人」や「世」にかかる枕言葉です。

蝉の儚さ・・・
空蝉のすぐに壊れてしまいそうな脆さや危うさ・・・
まさに「人」であり「世」であるような気がします・・・。
[PR]
by qwert.6 | 2005-07-22 08:13