日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 予想!! 』


「 2025年・・・
  “がん特効薬” も “鉄腕アトム” も実現しないけど、
  “45型の薄型大画面テレビ” は4万円で買えます 」
  (経済産業省→10~30年後の科学技術の進歩を予想し、
            夢物語ではなく・・・
            実現性に重点を置いた未来予想をまとめる)

予想によりますと・・・

 ①家庭→最大の変化はロボットの普及。
       20年後には、人間が操作しなくても自走する掃除機と、
       掃除の妨げになる家具や小物を、
       動かすロボットのコンビが掃除を引き受けてくれる。
       体が不自由な人の介護には、
       ベッドから車いすへの移動を手伝うロボットも役に立つ。
        (鉄腕アトムやドラえもんのように、
        優れた人工知能と二足歩行能力を持つヒト型ロボットは、
        20年たっても家庭には現れない)

 ②娯楽面→劇的な変化は難しい。
         テレビは20年後も立体映像テレビなどは登場せず、
         すでに普及が進む薄型の大画面テレビが主流。
         ただしナノテクノロジー(超微細技術)の進歩で値段が下がり、
         画面の対角線1インチあたり現在の1万円前後から、
         15年後には1000円程度になりそう。

 ③医療→がんの特効薬は20年後でもまだ開発されていない。
       しかし、抗がん剤を効果的に患部に投与する技術の進歩などで、
       がんの5年生存率が現在より全体で20%向上。
       臓器移植では、
       人工的に培養した心筋組織や肝細胞を移植する技術が、
       10年以内に実用化されると予想。
       20年後には骨などほかの器官にも人工培養が広がるとする。

 ④宇宙→ロケットのコスト低減や信頼性向上は見込むものの、
       国産技術による有人宇宙飛行は具体的な実現時期を明示せず。

予想は、もっと早いかも知れないですよね。
「携帯電話」の開発速度は凄いものですし・・・
「ロボット」の挨拶や警備は現在も可能となっておりますからねー。
 (ロボットが住む家の改良が必要?・笑)

『 2025年は・・・
  20世紀以上の進歩がある気がする・・・ 』
[PR]
by qwert.6 | 2005-05-18 11:04