日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『 ちまき&柏餅 』


「ちまき」と「柏餅」どちらがお好みですか?

「柏餅」は日本の独特なもので、
室町末期頃から広く食べられていたそうですが、
今と違って中の餡は、小豆のこし餡ではなく味噌餡だったそうです。
一説では「かしわ」は食物を包んだり食器代わりに用いられていたことから、
炊葉(かしぎば)の転じた言葉ではないかとも言われています。
柏の葉には、新芽が出るまで古い葉を落とさない特質があり、
そこから子孫繁栄・家系永代の意味で柏餅が、
男子の節句に用いられるようになったそうです。
 「後継者が絶えることがない縁起のいい木」
 「子供が産まれるまで親は死なない」
等と言う意味があったようですね。

「ちまき」は中国伝来の物で、
端午の節句とともに日本に入ってきたようです。
ちまきは、餅米やうるち米を草の葉で包んで蒸した物で、
文字通り茅で包んだ物や笹の葉で巻いた笹ちまきなどがあります。
笹には整腸作用があり、健康にいい食べ物として考えられていました。

「ちまき」を変換すると「粽」この字は ・・・ん・・・ 米の宗ってなんで?(笑)

その家々で「ちまき」か「柏餅」どちらを主にいただくでしょうね。
その家の伝統や風習は親から伝えられるものですが・・・
地方に依っても違いますよね。
お正月のお雑煮でも言えることですが・・・
私は子供の頃から慣れたものを好んでしまいます(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2005-05-05 09:56