日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 桜 』



  『ひさかたの 光りのどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ』

  『花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』


上記は百人一首の中で桜を歌ったものの一部です。
百人一首では桜を歌ったものは6つ(?)あったと思いますが(笑)
万葉集に詠まれた桜の歌は40首、対する梅の歌は118首あるそうですね。

奈良時代には「花と云えば梅」を指し、
平安時代になって「花と云えば桜」を指すようになったと云います。
奈良時代に中国の思想を元に造営された平城京、
そしてそれを受け継ぐ平安京、
その平安京では御所の紫宸殿前にあるのは当初「左近の梅」でしたが、
菅原道真の進言によって桜に代わったと言われています。
ところが・・・奈良時代より以前の神話の時代の話では・・・
これまた「花と云えば桜」だったようです。
ただし今の「ソメイヨノ」ではなく、
「ヤマザクラ」「オオヤマザクラ」「オオシマザクラ」との事らしいです。

今の「ソメイヨシノ」は・・・
東京都豊島区の「染井」と云う地で、
江戸時代後期に「ウバヒガン」と「オオシマザクラ」の交配種として誕生し、
“値段が安く” “成長が早い” ので一気に日本全国に広がったそうですね。
[PR]
by qwert.6 | 2005-03-29 11:46