日々感じた事・・・。


by qwert.6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『 富くじ 』

「年末ジャンボ宝くじ」は相変わらずの人気で・・・
先日の発売初日には販売開始の46時間前に並んだという人もいたそうですね。

「くじ」の歴史はローマ時代にまで遡るといわれますが、
現在のような「宝くじ」としては、
6世紀中ごろのオランダで行われたのが記録に残る最古のものだそうです。
日本での起源は・・・
今から400年近く前の江戸時代初期、
瀧安寺(大阪)で正月に抽選で福運の“お守り”を授けたのがはじまりとされ、
しだいに金銭と結びついた「富くじ」が氾濫するようになったそうです。
その後は幕府が禁じたこともあり長らく発売が途絶えていましたが、
終戦後の1945年10月になってようやく発売が再開されました。

その当時の1等賞金は10万円(1枚10円)で、
  (6坪の組立住宅が1500円、白米1升のヤミ値が70円の時代)
1947年には1等賞金が100万円(1枚50円)になり、
  (標準家庭の1月の生計費が1294円の時代)
1968年には宝くじの1等賞金も1000万円に上がり、
  (軽井沢の高級別荘地733平方メートルが180万円弱で購入できた時代)
阪神・淡路大震災復興協賛宝くじ(1996年)の際に、
1等賞金がはじめて1億円の大台に乗りました。

戦後の発売再開の10万円から現在の2億円まで・・・
1等賞金は2千倍になっていますねーーー。
宝くじを買って・・・富の夢を見ましょう???(笑)
[PR]
by qwert.6 | 2004-11-27 08:55